×
HOME>アーカイブ>制度の特徴をよく理解して、足りない分の開業資金として活用しよう

開業資金が足りない時に活用しよう

お金

自己資金だけでは開業資金が足りなく融資が必要であれば、創業融資制度を活用するのが有効です。創業向けの融資制度には、政府が100%出資している金融公庫と民間の金融機関から融資を受ける方法の二種類があります。政府が100%出資している金融公庫の種類は、融資限度額が2000万円のものと融資限度額が1000万円の二種類です。融資限度額が2000万円のものは、自己資金が少なくても高額融資してもらえることが可能ですが、毎年、進捗報告書を提出しなければなりません。融資限度額が1000万円のものは、低金利で借りられるという特徴があります。民間の金融機関から創業融資を受けられる制度では、地方自治体が間に入ってくれるので、金利などの補助を受けることができます。

政府が100%出資している制度の特徴

政府が100%出資している金融公庫のメリットは、保証人なしで融資を受けることができる点です。代表者が保証人になる必要がないので、返済不能になったとしても、代表者が肩代わりする必要はありません。ただし、代表者が保証人になることも可能で、その場合は借入利率が0.1%低減されます。この制度を利用して創業融資を受けるのであれば、民間の銀行口座が必要です。ネットバンクは認められていないので、ネットバンク以外の銀行口座を開設しておくようにしましょう。

自治体があっせんしている制度の特徴

自治体があっせんしている金融公庫の特徴は、金利の補助を受けられる点です。さらに金融公庫によっては、金利の補助だけでなく信用保証料の補助もあるかもしれないので、それを確認することもポイントになります。ただし創業融資で信用保証協会の保証を受けるには、連帯保証人が必要な場合もあるので、連帯保証人が必要かどうかよく確認することが大切です。連帯保証は代表者がなることが多く、審査によって必要かどうかが決まります。

広告募集中